マルチペン

2009年6月14日 (日)

シェーファー プレリュードMPI マルチペン ブラッシュトクロームGT

シェーファー プレリュードMPI マルチペン ブラッシュトクロームGT

1
➢雑貨ブログ ステーショナリー雑貨・←クリックお願いします

プレリュードMPIは、ワンツイスト(1回転)でボールペンからマーカーになるマルチペンです。

1_2

キャップをつけたままの状態を見る限りでは、やはりこのペンも万年筆と思ってしまうフォルムをしています。
ものを書いているときにチェックするためマーカーを探す必要がないため便利です。いつもカバンの中に入れて行動しています。

5

 プレリュードMPI と同様な機能を持っているペンが「ビック」からブリーフィングとい商品名で500円台で提供されています。

6

 クロスからは「マトリックス」という商品が提供されていましたが、在庫はもうないかも知れません。

 

ラミーからは機能は違いますが、蛍光ペンを備えた「ピックアップ」が提供されています。

ピックアップも持っていたのですが、去年の忘年会の景品に寄付してしまいました(涙)

当ブログはランキングに参加しております。 応援のクリックをお願致します。<(_ _)>

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

ラミー・ステュディオツイン & プラチナ万年筆・ダブルアクション・レット

ラミー・ステュディオツイン・マットブルー & プラチナ万年筆・ダブルアクション・レット・スターリングシルバー


今回は、複合ペン2本の紹介です。

5_3

 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨・クリック

ラミー・ステュディオツイン・マットブルー(写真上)

このペンは、丸善の福袋に入っていたものです。丸善・横浜の福袋は全部売れたのでしょうか?

お正月をだいぶ過ぎて丸善の前を通ったら、まだ福袋が残っていたので思わず購入してしまいました(笑)

ステュディオ ツインは、黒ボールペン + 0. 7mmシャープペンの複合筆記具です。

右に回すとシャープペン、左に回すとボールペンのり出し式複合ペンです。

90度にねじれたプロペラ型の特徴的なクリップは、ステュディオデザインと変わりはありません。

6_2

プラチナ万年筆・ダブルアクション・レット・スターリングシルバー

黒・赤 + 0.5mmシャープペン

プラチナが複合ペンを発売して30周年の記念モデルです。

スターリングシルバーを贅沢に使ったアニバーサリーモデルですがクリップは鉄に銀メッキ、天飾・テーパーは真鍮に銀メッキ、天冠・中間リングは真鍮にロジュームメッキということでボディのみが銀無垢となっています。

ケシゴムキャップの紛失を防止する対策として、ネジ部に緩み防止のゴムリングが付いているところがちょっと憎いです。

7_2

当ブログはランキングに参加しております。 応援のクリックをお願致します。<(_ _)>

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

ロットリング・アルトス & ステッドラー・アバンギャルド リミテッド

今回は、マルチペン・複合ペン2本の紹介です。

 

ロットリング・アルトス・ブルーメタリック

黒・赤・蛍光オレンジ + 0.7mm シャープペンの複合筆記具です。
➢雑貨ブログ ステーショナリー雑貨・クリック

3jpg

ちなみにブラックとは違い、フォーインワンのガンメタと同じ光沢のあるラッカー仕上げのようになっています。

重量感があるひとまわり太めなボディとグリップエリアの膨らみは、手に馴染み長時間の筆記にも疲れにくい設計だそうですが、34gという重量です。

4_2

ステッドラー・アバンギャルド リミテッド・マットブラック

黒・赤・蛍光オレンジ+ 0.5mmシャープペンの複合筆記具です。

2

2005年度グッドデザイン賞受賞の多機能ペン「アバンギャルド」シリーズのマットブラック限定版(1000本)で、各ペンにはシリアル番号入りの認定書が付いています。

1

このペンは、アルトスに比べ約1/2の重量(18 g)となっています。

アルミボディと真鍮ボディの違いが明らかですね。

マルチペンはカバンの中に必ず一本は入っています。

ロットリング・アルトスの蛍光オレンジは、私のものに関しては、インクの出があまり良くありません。

リフィールかえようかなーぁ・・・

当ブログはランキングに参加しております。 応援のクリックをお願致します。<(_ _)>

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)